忍者ブログ
文字サイズ変更 >> 【 小さく標準大きく

カテゴリー別表示

2017/05/30 [PR]
no text
2009/11/21 NYダウETF(シンプレクスAM)が東証に上場
東証に新しいETFが上場されるようです(12/10)。 しかも、新興国や通貨などへの投資ではなく、先進国(NYダウ)の株式に投資するETFです。 12月10日(木)、NYダウETFが上場
2009/11/20 バンガードETFが2本追加!! (VSS、BND)
はい、来ました(^^) [2009/11/19]バンガードETF追加届出完了のお知らせ  (バンガードのサイトより) バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)スモールキャップ
2009/11/14 年率1.9%のSBI債
また、発売を開始したようですね。 1年満期の個人向けの社債で、利率は税引き前で1.90%になります。 (詳細は、SBI証券のサイトで確認してください) 毎回、数日の間でアッと
2009/11/07 インド株ETFが東証に上場予定
11月26日にインド株ETFが東証に上場されるようです。 11月26日(木)、インド株ETFが上場(野村アセットマネジメント)  (東証より) 当取引所は、本日、野村アセットマネジメント株式会
2009/11/06 楽天証券が、iShares MSCI ACWI Index(ACWI)の取り扱い開始!
「これ一本で全世界に投資できる、凄いファンドって何?」 今までは、バンガードのVT(Vanguard Total World Stock ETF)が唯一の解でしたが、なんと別のETFも購入できる
2009/09/09 海外債券ETFが東証に上場!!
はい、きましたー!! シティグループ 世界国債インデックス(除く日本、ヘッジなし・円ベース)に連動するETFが、9/30に東証へ上場されるようです。 簡単に紹介すると 銘柄名
2009/09/08 マネックス債に1年満期(1.2%)登場
意外に人気のある、マネックス債に満期1年のものが登場しました。 今まで3ヶ月、6ヶ月満期のものはありましたが、今回の1年満期は初登場のようです。 まずは、気になる条件ですが、以下のようです
2009/08/26 商品ETF(ETFSシリーズ)の上場
8/10「 コモディティETFの上場が続々と 」でも取上げましたが、先日(8/4)に貴金属ETFが4+1本東証に上場しました。 上場したのは、以下の4+1本 ETFS 金上場投信(
2009/06/29 こんなETFは嫌だ(^^;;、三菱ETF
三菱UFJ投信というと、 TOPIXに投資するETFの中では信託報酬が安いもの(MAXIS トピックス上場投信)をだしたり、こちらの記事でも取り上げましたが外国株式に連動するETFのリリースに前向き
2009/06/10 ワクチン債
最近、「ワクチン債取り扱い開始」というニュースリリースが良く目に入ります。 それもそのはずで、よくよく調べると、SBI証券、マネックス証券、楽天証券などネット証券で取り扱いが開始されていました。 内容

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




NYダウETF(シンプレクスAM)が東証に上場

東証に新しいETFが上場されるようです(12/10)。
しかも、新興国や通貨などへの投資ではなく、先進国(NYダウ)の株式に投資するETFです。


12月10日(木)、NYダウETFが上場 (シンプレクス・アセット・マネジメント)  (東証発表より)
当取引所は、本日、シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社が設定するNYダウETF「Simple-X NYダウ・ジョーンズ・インデックス上場投信」の上場を承認しました。
上場予定日は12月10日(木)です。米国株指数に連動するETFの上場は国内初となります。ETFの連動対象となる「ダウ・ジョーンズ工業株30種平均(NYダウ)」は、米国の有力企業30銘柄で構成された代表的な株価指数で、ダウ・ジョーンズ社が算出している指数です。


少し中身を確認してみると
銘柄名 Simple-X NY ダウ・ジョーンズ・インデックス上場投信 (1679)
指標 ダウ・ジョーンズ工業株30種平均
売買単位 10口 
1口の売買価格がNYダウの100分の1のようですので、10万円ぐらいだと思います)
信託報酬 年0.6075%
ファンドオブファンズのため、投資先のファンド約0.45%+ETFの運用約0.15%となるようです。

だそうです。
ETFがファンドオブファンズの形式を取っているため、思ったよりコストが安くないようです。

例えば、
PR


つづきはこちら

バンガードETFが2本追加!! (VSS、BND)

はい、来ました(^^)

[2009/11/19]バンガードETF追加届出完了のお知らせ  (バンガードのサイトより)
バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)スモールキャップETF(VSS)、バンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)
<国内届出完了のお知らせ>
2009 年11月19日(東京)-世界最大級の投信会社である米国ザ・バンガード・グループ・インクは、米国ニューヨーク証券取引所(NYSE Arca)に上場する上場投資信託(ETF)のうち、「バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)スモールキャップETF(VSS)」と「バン ガード・米国トータル債券市場ETF(BND)」の計2本について、11月18日付で金融庁への届出を完了いたしました。


ということで、
  • 米国以外の国の小型株式
  • 米国債券
への低コスト投資がもうすぐ可能になります。

これで、バンガードのETFは8本になるようですが、さすがバンガード! 商品のバランスがなかなか良いです。


つづきはこちら

年率1.9%のSBI債

また、発売を開始したようですね。

SBI債

1年満期の個人向けの社債で、利率は税引き前で1.90%になります。
(詳細は、SBI証券のサイトで確認してください)


毎回、数日の間でアッという間に完売してしまいますので、今回もすぐに完売してしまうのでしょうね(^^; もし、投資したいという方は、11/16(月)9:00から販売を開始しますので今から準備してください。


みなさんご存じだと思いますが、一応、昔に書いたSBI債についての書いた記事をご紹介します。


つづきはこちら

インド株ETFが東証に上場予定

11月26日にインド株ETFが東証に上場されるようです。

11月26日(木)、インド株ETFが上場(野村アセットマネジメント)  (東証より)
当取引所は、本日、野村アセットマネジメント株式会社が設定するインド株ETF「NEXT FUNDS インド株式指数・S&P CNX Nifty連動型上場投信」の上場を承認しました。

上場予定日は11月26日(木)です。インド株ETFの上場は国内初となります。ETFの連動対象となる「S&P CNX Nifty指数」は、インド・ナショナル証券取引所に上場する代表的な50銘柄で構成される指数です。指数及びETFの詳細につきましては、以下の概要又はパンフレットをご覧ください。


東証には、中国・ロシア・ブラジルの株式に投資するETFが上場されていますので、このインド株ETFの追加で、BRICsのすべての国に気軽に投資できるようになりますね。

まだ上場前ですが、一応、ETFの内容を確認してみます。


つづきはこちら

楽天証券が、iShares MSCI ACWI Index(ACWI)の取り扱い開始!

「これ一本で全世界に投資できる、凄いファンドって何?」

今までは、バンガードのVT(Vanguard Total World Stock ETF)が唯一の解でしたが、なんと別のETFも購入できるようになるようです。 気になるその名は、

「iShares MSCI All Country World Index Fund (ACWI)」

です。
その先進国株式も新興国株式も一度に投資できるACWIですが、

楽天証券が11/6より取り扱い開始(詳細は楽天証券のサイトで確認ください)

さすが海外ETFのラインナップの多さでは頑張ってきた楽天証券だけあって、今回も素晴らしい商品をいち早く提供してくれたようです。 ( 微力ながら宣伝しておきますので、頑張ってください(^^; )


そうすると私たち個人投資家が悩むのは、「全世界に投資したいときに、VTをACWIのどっちを使おうか?」ということでしょうか? そういえば、昔そういう話題で記事を書いた覚えがあるので丸ごと転載してしまいます。



つづきはこちら

海外債券ETFが東証に上場!!

はい、きましたー!!

シティグループ 世界国債インデックス(除く日本、ヘッジなし・円ベース)に連動するETFが、9/30に東証へ上場されるようです。

簡単に紹介すると
  • 銘柄名 :上場インデックスファンド海外債券(Citigroup WGBI)毎月分配型
  • 連動指数:シティグループ世界国債インデックス(除く日本、ヘッジなし・円ベース)
  • 売買単位:10口
  • 信託報酬:年0.1575%(税抜0.15%)以内
のような海外債券ETFです。

今まで、海外債券インデックスファンドを購入していた人も、国内上場のETFですので気軽に購入することができるようになります。 もしくは、あまり成績の良くないアクティブな海外債券ファンドを持っている方も十分乗り換えのメリットはあると思います。

なぜなら、


つづきはこちら

マネックス債に1年満期(1.2%)登場

意外に人気のある、マネックス債に満期1年のものが登場しました。 今まで3ヶ月、6ヶ月満期のものはありましたが、今回の1年満期は初登場のようです。

まずは、気になる条件ですが、以下のようです
  • 名称 ・・・・  マネックスグループ株式会社 2010年9月16日満期1.20%円建社債
  • 発行体 ・・・  マネックスグループ株式会社( 格付け BBB+:日本格付研究所)
  • 利率 ・・・・  年1.20%
  • 期間 ・・・・ 1年
  • 申込単位・・・  額面1万円単位
  • 申込期間・・・  2009年9月7日(月)8:30 ~ 2009年9月16日(水)14:00
(詳細は、マネックスのページを確認してください)


正直な感想としては、「目新しさは減ってきたが、きっと売れるんだろう・・・。」と思います。 そして、一番気になる利率ですが、


つづきはこちら

商品ETF(ETFSシリーズ)の上場

8/10「 コモディティETFの上場が続々と 」でも取上げましたが、先日(8/4)に貴金属ETFが4+1本東証に上場しました。

上場したのは、以下の4+1本
  • ETFS 金上場投信(金ETF)
  • ETFS 銀上場投信(銀ETF)
  • ETFS 白金上場投信(プラチナETF)
  • ETFS パラジウム上場投信(パラジウムETF)
  • ETFS 貴金属バスケット上場投信(貴金属バスケットETF)
最後の1本は、4つ(金・銀・プラチナ・パラジウム)の金属のバスケットETFとなります。


あまりにも静かなスタートだったので、完全に忘れ去られた感じもしますね(^^;
実際にも、初日は、「金ETF]と「パラジウムETF」は取引なし、「銀ETF」で140口しか出来高がなかったようです。
また、取扱いしているネット証券もまだ少なく、業界1,2位のSBI証券や楽天証券では取扱いしていないようです(マネックス証券は扱っているようです。)


こんな、忘れ去られたETFですが、内容を見るとそんなに悪くないようです。


つづきはこちら

こんなETFは嫌だ(^^;;、三菱ETF

三菱UFJ投信というと、
TOPIXに投資するETFの中では信託報酬が安いもの(MAXIS トピックス上場投信)をだしたり、こちらの記事でも取り上げましたが外国株式に連動するETFのリリースに前向きな姿勢を示したりと、今注目の運用会社の1つです。

そんな三菱UFJ投信が新たなETFをリリースするようです。

三菱グループに投資するETF 三菱UFJ投信(NIKKEI NETより)
三菱UFJ投信は7月中旬に、三菱グループ企業の株式で運用する上場投資信託(ETF)を東京証券取引所に上場する。投資対象は東京海上ホールディングスや三菱重工業など、三菱グループの企業26社。特定の企業群に投資するETFは世界でも珍しい。


特定企業グループに投資するファンドとしては、過去にもトヨタファンドやSBIファンドなどもありましたが、ETFとして登場したのは日本初ではないでしょか?

三菱UFJ投信ということで、三菱グループとしての指令があったのかも知れませんが・・・、微妙なETFですよね? ニーズは本当にあると見込んでいるのでしょうか??

それはさておき、



つづきはこちら

ワクチン債

最近、「ワクチン債取り扱い開始」というニュースリリースが良く目に入ります。 それもそのはずで、よくよく調べると、SBI証券、マネックス証券、楽天証券などネット証券で取り扱いが開始されていました。 内容は以下のようです。


・予防接種のための国際金融ファシリティ(IFFIm)2013/6/24満期 南アフリカ・ランド建債券
・利率:年6.85%
・満期:4年
・発行元:予防接種のための国際金融ファシリティ(IFFIm) 格付けAAA(S&P)
(詳細は、
SBI証券マネックス証券楽天証券でご確認ください)

だそうです。
南ア建ての4年債券ですが、使い道が貧しい地域の予防接種に使うというところが特徴のようです。 「単純なお金儲けではない」と考えると、「額に汗せず稼ぐことは良くない」という日本人の気質にあっているのかもしれませんね(汗)。


つづきはこちら