忍者ブログ
文字サイズ変更 >> 【 小さく標準大きく

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



お気に召したらポチっとお願いします >> 拍手する


海外債券ETFが東証に上場!!

はい、きましたー!!

シティグループ 世界国債インデックス(除く日本、ヘッジなし・円ベース)に連動するETFが、9/30に東証へ上場されるようです。

簡単に紹介すると
  • 銘柄名 :上場インデックスファンド海外債券(Citigroup WGBI)毎月分配型
  • 連動指数:シティグループ世界国債インデックス(除く日本、ヘッジなし・円ベース)
  • 売買単位:10口
  • 信託報酬:年0.1575%(税抜0.15%)以内
のような海外債券ETFです。

今まで、海外債券インデックスファンドを購入していた人も、国内上場のETFですので気軽に購入することができるようになります。 もしくは、あまり成績の良くないアクティブな海外債券ファンドを持っている方も十分乗り換えのメリットはあると思います。

なぜなら、




債券は、株式と違いリターンが大きくありません。 債券価格が同じ(もしくは満期まで保有)なら年率5%ぐらいの利回りしか得られません。 その少ないリターンから信託報酬を大きくとられてしまうと、ほとんどリターンが残らないことになりかねないです。 5%のリターンで1%の報酬を取られると、利益に対して20%の報酬になります(・・実はヘッジファンドも驚きの高コスト体制(^^;)。

ですので、債券投資と信託報酬の低いETFは、非常に相性が良いといえます。 本当に良いETFを出してくれました。 ビバ!!日興AM(笑)


最後に、販売資料から気になる点をピックアップ。
海外債券ETF

構成銘柄が、540銘柄で、平均クーポンが、4.18%なのですね。
十分分散されていますし、なかなか良い感じではないでしょうか?

■参考資料
東証> 9月30日、海外債券指数ETF(国内初の毎月分配型)が上場(日興アセットマネジメント、上場外債)
PR
お気に召したらポチっとお願いします >> 拍手する

この記事に対するコメント

この記事に対するトラックバック

商品開発の努力は、大いに評価しますが・・・

JUGEMテーマ:資産運用  このお話です。 国内ETF初の海外債券指数への連動めざす「上場外債」を設定〜 「毎月分配型」のETFとしても国内初 〜"シティ グループ世界国債インデックス(除く日本、ヘッジなし・円ベース)"というオーソドックスな指数に連動するETFということで、個人投資家にとって選択肢が増えることは大いに歓迎すべきだと思いますし、日興アセットマネジメントの商品開発の努力は、大いに評価すべきだと思います。が、しかし、やっぱりというべきか、「そ...

【2009/09/09 07:34】rennyの備忘録(URL)

外国債券型ファンドランキング ~2010.03

今年3月末までの「外国債券型ファンド」資金流入ランキングです。 1)ブラジルボンドオープン 2)SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(ブラジルレアル) 3)野村エマージン...

【2010/07/22 15:05】金融起業家 河合圭の国内投資信託(ファンド)ブログ(URL)

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバックURL



・できれば言及リンクをお願いします。
・記事の話題に絡まないトラックバックは削除させてもらいます