忍者ブログ
文字サイズ変更 >> 【 小さく標準大きく

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



お気に召したらポチっとお願いします >> 拍手する


TCI vs J-POWER

巡回ルートのブログの「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」でも記事に書かれていましたが、
TCI(ザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド:英投資ファンド)が、Jパワー株を買い増しすることについて中止・変更を勧告するようです。

非常にがっかりです。 実に官僚的な発想です。

TCIが、いわゆるハゲタカファンドなのか知りませんが、「儲けたいだけでしょ? だったら株を買うな」と国が宣言してしまったわけです。

もちろん、ガス・電力などは公共性が高いため、国策として守るというのは正しい判断だと思います。
(米国でも欧州でも、国策で外資規制を行っているセクターもありますので、日本だけが特殊というわけでないと思います)

そうは言っても、やはり買い増しの中止・変更勧告はいただけませんね。。。
TCIは、魅力的だと思ってリスクを取ってでも株を買おうとしているのですから、反対する理由はないと思います。
(3-5年で売却(TCIは否定してますが)といっているのですから、TCIが駄目なら個人ディトレーダは、軒並み投資資格がないことになりますね(^^;)

もし制限をかけるなら、「株式を多数保有していたとしても乱用するなら議決権を一時的に取り上げます」など、もっと国策と経済を両立できるような解決法があった気がします。



今回の事件で、ロシアのサハリン2没収を思い出してしまいました。
経済大国の日本が、少し前まで共産主義のロシアと同じレベルだというのは情けない、、、


■他の方の記事も参考になりますよ>>人気ブログランキング
PR


お気に召したらポチっとお願いします >> 拍手する

この記事に対するコメント

この記事に対するトラックバック

Jパワー買収問題の核心は大間原発か?

英投資ファンドTCIによるJパワー株の追加投資計画に日本政府が待ったをかけた。問題の核心はやはり大間原発だろう。

【2008/04/17 08:32】ホンネの資産運用セミナー(URL)

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバックURL



・できれば言及リンクをお願いします。
・記事の話題に絡まないトラックバックは削除させてもらいます