忍者ブログ
文字サイズ変更 >> 【 小さく標準大きく

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



お気に召したらポチっとお願いします >> 拍手する


ファンドオブザイヤー2009

ブロガーが選ぶファンドオブザイヤーは、VTが第1位でした(詳細は過去の記事を参照ください)が、投資信託の評価機関であるモーニングスターもファンドオブザイヤー2009の発表を行ったようです。

詳しい情報は、モーニングスターのサイトを見てもらうとして、気になる受賞ファンドですが、

【国内株式型】
スパークス・ジャパン・スモール・キャップ・ファンド 『愛称:ライジング・サン』

【国際株式型】
朝日Nvest グローバル バリュー株オープン 『愛称:Avest-E』

【国内債券型・国際債券型】
ピムコ ハイ・インカム毎月分配型ファンド

【高利回り債券型】
フロンティア・ワールド・インカム・ファンド

【オルタナティブ型】
ダイワ・グローバルREIT・オープン(毎月分配型) 『愛称:世界の街並み』

【国内ハイブリッド型・国際ハイブリッド型】
野村世界6資産分散投信(分配コース)

のようです。

ちなみに、個人的にツッコミを入れたいところは、「なぜ? 債券の受賞部門以外に、高利回り債券型の部門が設立されているの??」 というところです(^^;
これも、時代(高利回りブーム)の流れのせいでしょうか?

それは、さておき、





もしファンド選びで迷っている方がいれば、こういった受賞ファンドを購入するのもありだと思います。

もちろん、投資信託の過去のパフォーマンスは、将来のリターンを約束するものではないです。ただ、そうはいっても受賞ファンドです。 よく分からないファンドを購入するよりもリターンが高くなる可能性が高くなると思います。

ちなみに、私は国際株式部門の「朝日Nvest グローバル バリュー株オープン」を保有しています。
このファンドは、2009年以外にも、2001,2002年にもファンドオブザイヤーを受賞していたり、、2010年1月には、米国モーニングスターの「Fund Manager of the Decade」国際株式型部門で、「過去10年で最高のファンドマネジャー」として表彰されているなどもしているようですね。
PR
お気に召したらポチっとお願いします >> 拍手する

この記事に対するコメント

無題

ある程度債券に関するファンドに対して、
賞を与えなければいけなかったのだと思います。

それにしても、そこまで考えて、賞を作るなんて
大変ですね。

債券部門であれば、安定して、そこそこの利回りで
提供しているものを選んでもらえればと思います。

【2010/02/11 17:12】矢向 #5497d1bb7f(URL)[編集]

Re:無題

矢向さん、こんばんは

債券部門も準備するべきというのは納得できますが、「高利回り債券部門って何?」と当時この記事を見たときは笑ってしまいました。 色々な切り口がある中で高利回りを押してくるのは、時代の流れ(昨年は高利回り債券が大人気でしたので)なんでしょうね(^^;

【2010/02/16 01:45】管理人

この記事に対するトラックバック

モーニングスター FUND OF THE YEAR 2009

http://tomoyaasakura.com/2010/02/fund_of_the_year_2009.html たしかに変わったファンドが受賞してますね。 http://www.morningstar.co.jp/event/foy2009/ アクティブフ...

【2010/02/03 09:41】Tansney Gohn の投資ブログ(URL)

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバックURL



・できれば言及リンクをお願いします。
・記事の話題に絡まないトラックバックは削除させてもらいます