忍者ブログ
文字サイズ変更 >> 【 小さく標準大きく

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



お気に召したらポチっとお願いします >> 拍手する


ベトナムETFが買える時代

「VISTA」って憶えていますか?

もちろん、OSのWindows Vistaではありませんよ(^^;


2007年頃の株価が絶好調の頃にもてはやされた造語の1つで、ベトナム(Vietnam)、インドネシア(Indonesia)、南アフリカ(South Africa)、トルコ(Turkey)、アルゼンチン(Argentina)5つの新興国の頭文字を取ったものです。当時は、BRICsの次にブレイクする国として。 非常に注目されていました。

そして、VISTAファンドもあれば、個別の国としてベトナムファンド等も当時いくつか設定されていましたが、最終的には株価が崩れてしまい話題に上がることが少なくなってしまいました・・・
このあたりの記事を参考にしてください)


ところが、なんと新しい海外ETFとして、ベトナムETFが登場するようです。




香港に上場するETFですが、

db x トラッカーズFTSEベトナムETF(db X-trackers FTSE Vietnam Index ETF)
信託報酬:0.85%

が楽天証券で12日から購入できるようです。
(詳細は、楽天証券のサイトで確認ください)


また、その他にもドイツ銀行グループが提供する「db x トラッカーズ」シリーズ6種類が楽天証券から購入できるようになっています。
  • db x トラッカーズFTSEベトナムETF
  • db x トラッカーズ S&P CNX ニフティETF(インド)
  • db x トラッカーズFTSE/新華中国 25ETF
  • db x トラッカーズMSCI韓国トータルリターン・ネット・インデックスETF
  • db x トラッカーズMSCI台湾トータルリターン・ネット・インデックスETF
  • db x トラッカーズMSCI米国トータルリターン・ネット・インデックスETF


最近、あまり動きがなかった海外ETFの取り扱いですが、またもや楽天証券がやってくれたようです。


ちなみに、、、
ベトナムETFをご購入を考えている方へ、、、
いまさらブームに便乗してという方はいないと思いますが、よくベトナムのことを調べてから投資してくださいね。
2007年当時は、3ヶ月で一気に株価が半分になったりしましたし、インフレ率もなんと15%を超えていた時代もありましたよ。

PR
お気に召したらポチっとお願いします >> 拍手する

この記事に対するコメント

この記事に対するトラックバック

日経平均配当指数 そもそも日経平均が変な指数

 日本経済新聞社は18日、日経平均株価の構成銘柄の配当額を指数化した 「日経平均・配当指数(略称は日経配当指 数)」を開発し、4月から算出・公表を始めると発表した。 欧米で普及している配当指数を導入し、投資家の利便性を高める。  今回算出を始める日経配当指数は、日経平均を構成する225銘柄の株式を日経平均の算式に合わせて 1月から12月ま で保有した場合、受け取る権利のある配当金を積み上げて指数にしたもの。  指数は構成銘柄の配当支払いが確定するたびに積み上がる方式をとる。構成銘柄すべての配当支払いが確...

【2010/03/30 21:11】投資一族のブログ(URL)

戦後の先物取引で相場師が億万長者になったエピソード。

  先物取引:相場師の草創期の話・・・聞いた話で何処の誰々から聞いた等は、言えぬが昭和14年の頃、今の東京に住まわれていたある方が、当時の日本は、次々に戦争へ進んでいた頃に、必ず近いうちにアメリカ...

【2011/05/11 12:14】脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・(URL)

戦後の先物取引で相場師が億万長者になったエピソード。

  先物取引:相場師の草創期の話・・・聞いた話で何処の誰々から聞いた等は、言えぬが昭和14年の頃、今の東京に住まわれていたある方が、当時の日本は、次々に戦争へ進んでいた頃に、必ず近いうちにアメリカ...

【2011/05/11 12:14】脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・(URL)

戦後の先物取引で相場師が億万長者になったエピソード。

  先物取引:相場師の草創期の話・・・聞いた話で何処の誰々から聞いた等は、言えぬが昭和14年の頃、今の東京に住まわれていたある方が、当時の日本は、次々に戦争へ進んでいた頃に、必ず近いうちにアメリカ...

【2011/05/11 12:16】脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・(URL)

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバックURL



・できれば言及リンクをお願いします。
・記事の話題に絡まないトラックバックは削除させてもらいます