忍者ブログ
文字サイズ変更 >> 【 小さく標準大きく

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



お気に召したらポチっとお願いします >> 拍手する


春の個人向け国債の発売開始、でも・・・

いきなり脇道にそれますが・・・、

衆議院で2010年の予算が決まったようです。 政権交代があり、どう日本が変わっていくのか楽しみだったのですが、なかなかスゴイ(悪い意味で)ことになっているようですね。
  • 総額は、92兆2992億円で過去最大
    (子供手当等の福祉関係と景気対策の予算がふくらんだため)
  • それを支える、税収は、37兆3960億円と昨年から約9兆円落ちた。
  • 足りない分は、国債でまかなう。 その額、44兆3030億円で過去最高額
結果、なんと、税収(収入)<国債(借金)という考えられない状況になりました。こちらも戦後初!

いまさらなんがら、心配になってきました。民主党さん大丈夫?


そして本題です。


日本の財政を支える大黒柱となってしまった国債ですが、4日より「個人向け国債」が売り出されます。( みなさんも日本の将来のために買ってあげましょう(汗) )

気になる利率ですが、
変動10年 年率0.53% (税引後 0.424%)
固定5年 年率0.48 (税引後 0.384%)
となったようです。
(詳細は、こちらのページで確認ください。)

非常に寂しい感じですねー。1000万円買ったとしても、年に5万円しか利払いがありません。デフレだからこれで良いのかもしれませんが、個人的には、この利率だと、買う人があまりいないのでは? と少し心配です。


そういえば、




現在、個人向け国債は、10年変動、5年固定の2つがありますが、もうすぐ3年固定という商品がでますね。 完全に忘れ去られた状態ですが、今年の7月からスタートです。

特徴は、
毎月募集!
・基準金利(残存3年の5年国債の利回り)-0.03%

少しだけ、便利になるので、ちょっとは人気が出るかもしれませんね

個人向け国債の違い
財務省の発表資料より



PR
お気に召したらポチっとお願いします >> 拍手する

この記事に対するコメント

この記事に対するトラックバック

国債はETFにするべきだ 人気の割に不満も多い個人向け国債

春の個人向け国債の取り扱いが3月4日からあります 春の個人向け国債(変動・10年/固定・5年)のご案内 マネックス証券 利率は未定です...

【2010/03/04 05:56】カウンターゲーム(URL)

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバックURL



・できれば言及リンクをお願いします。
・記事の話題に絡まないトラックバックは削除させてもらいます