忍者ブログ
文字サイズ変更 >> 【 小さく標準大きく

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



お気に召したらポチっとお願いします >> 拍手する


アクティブファンドがインデックスを上回る確率

先日のコンファレンスのネタをもう一つ(^^; (改めて情報を整理するとブログネタにピッタリの内容が沢山出てきましたので・・・)

ETFのコンファレンスと言うことで、話題の中心はETF(もしくはインデックス)の優位性。 その一例としてS&Pが出しているレポートが紹介されていました。 内容は「Standard & Poor's Indices Versus Active Funds Secorecard (S&P指数対アクティブファンド)」

詳細なレポートは、こちらで手に入ります。(ですので、マル秘事項ではないかと・・・)

2008年中期レポートによると、過去5年(2008年6月末まで)で指数を下回ったアクティブファンドの割合ですが、、、




インデックスVSアクティブファンド

インデックスVSアクティブファンド
(出典:SPIVA U.S. Scorecard Mid Year 2008)


上の表から一部ピックアップしてみると、過去5年では、
  • 米国大型株ファンド(S&P500)が、インデックスより下回った割合:68.6%
  • グローバル株式ファンド(S&P Global 1200)が、インデックスより下回った割合:70.1%
  • 新興国ファンド(S&P IFCI)が、インデックスより下回った割合:73.9%

その他の指数も表で確認してもらうと分かりますが、アクティブファンドは長期で見ると、なかなか勝てないようですね。 もちろん、常に勝っているファンドもあるかも知れませんが、確率的には負けファンドを選んでしまう確率が高そうです。

補足として、
このレポートでは生存者バイアスが発生しないように分析をしているようです。
(生存者バイアス=過去5年で米国株ファンドの約23%が償還・結合されたらしい。そのようななくなったファンドも対象に分析をしている)
PR
お気に召したらポチっとお願いします >> 拍手する

この記事に対するコメント

この記事に対するトラックバック

S&P ETFコンファレンス2009に参加しました

2月6日、東京・日本橋にあるマンダリンオリエンタル東京のグランドボールルームにて、インデックスプロバイダーのスタンダード&プアーズ主催...

【2009/02/09 12:31】Passiveな投資とActiveな未来(URL)

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバックURL



・できれば言及リンクをお願いします。
・記事の話題に絡まないトラックバックは削除させてもらいます