忍者ブログ
文字サイズ変更 >> 【 小さく標準大きく

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



お気に召したらポチっとお願いします >> 拍手する


世界経済の見通し(2009,2010年)

経済協力開発機構(OECD)が、世界経済の見通しを発表しました。

OECD、09年成長率をマイナス4.1%に上方修正 10年はプラス成長 (NIKKEI NETより)
経済協力開発機構(OECD)は24日、エコノミック・アウトルック(経済見通し)を公表した。加盟30カ国の2009年の国内総生産(GDP)成長率をマイナス4.1%とし、前回3月調査から0.2ポイント上方修正した。上方修正は2年ぶり。
OECDでは「在庫調整進展、非OECD諸国の経済回復、企業の信認回復、景気刺激策などで経済収縮が緩やかになっている」と指摘。10年は0.7%増とプラス成長に転換すると予測した。


今までは発表(3ヵ月毎)される毎に下方修正されてきましたが、ようやく上方修正になりました(^^; 予想はあくまでも予想でしかないのですが、今年2009年を底に来年2010年には成長率がプラスに戻りそうです。

ただ、国別に見ると微妙な温度差も見られます。





以下、OECDのサイトに上がっているデータを基に、昨年、本年、来年の各国(地域)のGDP成長率予想をグラフにしたものです。

各国のGDP成長率
(データ元:OECD Economic Outlook No. 85, June 2009

2009年で見ると、日本のマイナス成長は大きいようです。値だけで見るとロシア並です。
一方、2010年の予想を見ると、ユーロ圏の伸びが弱いようです。

あとは、いつも思いますが新興国の伸び率が頼もしいです。当たり前ですが先進国とは比較にならないほどの成長率です。 特に中国・インドは凄いです(^^;;

そろそろ、景気回復に備えないと駄目ですね。
PR
お気に召したらポチっとお願いします >> 拍手する

この記事に対するコメント

この記事に対するトラックバック

分配金の多いファンドの特徴について

今現在、リタイアされた方々に人気があるのが、グローバル・ソブリン・ファンドをはじめとした 分配金が毎月支給されるタイプのファンドで、数多く発売されています。しかし、金融危機が 世界的に広がったことで、グローバル・ソブリン・ファンドですら純資産額が目減りしてます。 そして、多くの方が分配金が毎月必ず支給されるので、安定していると思われるかもしれま せんが、長期投資には向いておりません。そして、定期的に分配金を受け取ることにより、 肝心の資産は増えずに、税金だけはしっかりと取ら...

【2009/06/25 12:10】投資信託初心者のための投資信託入門(URL)

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバックURL



・できれば言及リンクをお願いします。
・記事の話題に絡まないトラックバックは削除させてもらいます